お風呂での泡洗顔はオススメしない

お風呂では泡洗顔はオススメしません!

お風呂,泡洗顔,オススメ

 

いま、クレンジングといえば泡洗顔が流行りになってきていますが、この泡洗顔はこすり洗いをしなくていいので、摩擦による肌への刺激が少なくなる。というので注目はされてきていると思います。実際、お肌の表面はティッシュ1枚分くらいの薄い層があるので、そちらを擦ってしまうと刺激になり、シミやたるみの原因にはなってしまいますが、この洗顔方法は間違ってしまうと効果が薄れる。というのもあります。

 

その中でお風呂の中での洗顔というのはオススメしない方法です。お風呂では何故泡洗顔をオススメしないかといと、泡への水分量がどうしても多くなってしまうからです。お風呂の湯船からの水蒸気であったり、湿度がどうしてもたかくなってしまう場所ですので、洗顔用の泡に水分がどうしても多くなってしまうのです。

 

実際、洗面所で作る泡とお風呂場で作る泡ではキメ細やかさが全然かわってきてしまい、断然、洗面所で作る泡のほうがしっかりキメ細やい泡がつくれます。せっかく肌への負担をしないようにと、泡洗顔に変えたとしても、キメ細かい泡が作れなかったら汚れを落とす効果自体も下げてしまうのです。

 

汚れが落ちなければクレンジングの意味がなくなってしまいますので、しっかりと使い方を守って綺麗になりましょう!

アイメイクのクレンジングは優しく丁寧に

お風呂,泡洗顔,オススメ

 

忙しい時や疲れている時など他のメイクと同じようにおおざっぱに適当に終わらせてしまうことのあるアイメイクのクレンジング。メイクする時と同じだけの時間をかけゆっくり優しく丁寧にクレンジングすることが、後々美肌を保つことに密接に関わってきます。

 

アイラインやアイシャドウの落とし残りがあってまたそのままメイクして日射しに当たったりすればシミやくすみの要因になってきます。目尻や目の下がくすむと疲れたような印象の顔になってしまいます。肌の間に入り込んでシワを刻んでしまうこともあります。

 

かといって落とすことに必死でこすりすぎたりすれば肌を痛めてしまいますし、成分を吟味せず刺激の強いクレンジング剤を使ってしまえば必要な皮脂や栄養まで取り去ってしまい肌の乾燥へつながります。

 

大切なのは正しくアイテムを選ぶことと丁寧に時間をかけて落とすことです。

 

肌への刺激を考えてつくられた専用のアイリムーバーとコットン綿棒太いのと細いのと両方とカットされたコットンが必須アイテムです。アイライナーを落とす時は細めの綿棒にリムーバーを浸してクレンジングしていきます。マスカラはリムーバーを浸したコットンを目の下に置いて細いのや太い綿棒で挟み込んでひっぱらないように毛並みに沿ってクレンジングしていきます。アイシャドウはコットンにリムーバーを浸して少しのせて軽く拭き取ります。

 

一つ一つの作業を流れ作業ではなくゆっくり丁寧にやります。落ちたと思ってすぐ全体のクレンジングに移るのではなく何度も鏡でチェックして落とし残りがないか時間をかけてやります。これらは面倒くさいことではありますが、何年後何十年後の目の回りを透明感ある健やかな印象に保つ秘訣なのです。

エマルジョンリムーバーの通販購入はコチラ!トップページへ普段毛穴の奥の汚れや皮脂を落としきれない方、手軽なスキンケアでつるすべの肌触りになりたい方はトップページでエマルジョンリムーバーについても確認してみてください。